売掛金のトラブルを解決しよう

売掛金は、一度トラブルになると、相手側も催促があまりなければ応じなくてもよいと考え、支払いを後回しにされてしまうことがあります。また、すでに取引を打ち切るとなると、売掛金を支払わなくてもよいと考える企業もあります。結果的に売掛金を支払ってもらえなければ、見込んでいた利益も回収できず、企業側の大きな損益になることは間違いありません。そのような状況になる前に、素早く問題を解決するためにも、売掛金の問題については、債権回収費用が発生するとしても、プロの弁護士事務所に相談することをおすすめいたします。

内容証明や、支払い期日から遅れた延滞遅延金の計算、各種書類の作成代行など、売掛金の回収のために、自ら準備できなかった各種手続きを円滑に進めてくれることになります。出来る限り不利益な手続きを減らし、円滑に業務を進めるためにも、売掛金の問題は早期に対応、早期解決のために進めるようにしなければなりません。売掛金の問題について、不利益をこうむらないようにするためにも、正しい手続きによって、回収のめどを立てるようにしなければなりません。弁護士費用の負担を考えた場合も、成功報酬型の依頼にすれば、初期費用を抑えることができます。